飲食店の売上アップを図りたいなら頭を柔らかくすることが必要

笑顔の女性

周囲の環境を見ておく

大阪で貸店舗を利用するのなら、情報を収集しておきましょう。周囲にどんなお店があるのか、集客できる地域なのかといった点をリサーチします。また、以前はどんなお店だったのか、この点も情報収集しておいた方がいいかもしれません。

飲食業では常連客が勝負

お店

ネットの活用と会員カード

飲食店を開業する時に最も大事なことは、いかに常連客をつくるかです。常連客はいつも来てくれるだけでなく、家族や友人や仕事の関係者などを連れてきてくれるのです。実際に営業している飲食店で売上アップを目指す場合も、常連客を増やす方法を考える必要があります。飲食店は味が良ければ自然にお客が集まると信じている経営者がいますが、口コミは自然に広がらないのです。そのためにはネットを活用した宣伝が重要になります。売上アップのためには飲食店のホームページを起ち上げます。ホームページで店舗の紹介をするだけでなく、ブログを併設して誰でも書き込みできるようにします。店主やスタッフが呟いてもいいですし、それに対してお客が書き込みができるようなブログを併設します。ブログを併設することによって、口コミが広がりやすくなります。最近はフェイスブックやツイッターでホームページを起ち上げるケースも増えています。このようなSNSは不特定多数の人に情報が拡散しやすいので、売上アップにつながりやすいのです。ネットを利用した広報ができたら、次はメンバーズカードを作ります。これは常連客をつくるために効果のある方法です。来店するごとにスタンプを押し、5つたまったら割引サービスをするといった方法で売上アップを目指します。メンバーズカードの失敗で多いのはスタンプの回数を多く設定してしまうことです。10回通わないとサービスが受けられないよりも、3回でサービスが受けられる方をお客は好みます。サービスの内容を落としても、回数を3回程度にすることが大事です。

会議

相談相手を見つけよう

インドネシアへの進出が想像以上に難しく感じているのなら、コンサルティングに相談をしましょう。コンサルティングなら、進出前の手続きなどのサポートから、進出後の戦略まで相談できるため、安心してインドネシアでの起業を目指せます。

クレジットカード

カード決済を手軽に導入

クレジットカード決済代行業者は、独力でクレジットカード決済システムを導入するのが困難な小規模店等に対し、加盟申請や代金の請求代行、入金の取りまとめといったサービスを提供する専門事業者です。ネットショップの運営者などにとっては特に便利な存在です。